ローカルでブランチを切ってGitHubにpushする

GitHubからCloneしてSSH接続する←前記事

GitHubとSSH接続ができてmasterブランチがある状態です
ブランチ(branch)を切ってGitHubにpushしてみましょう

なんのためにブランチを切るの?←後日更新

 

1.branchを切る
コマンドラインで以下のコマンドを打ち込んでください

 

・今のbranchの状態を確認する

git branch

すると以下のような表示になるはずです
これはmasterブランチのみがある、*は今いるbranchを表しています

* master

 

・branchを切る
developブランチを切ってみましょう

git branch develop

 

・branchを移動する
branchを切っただけではまだmasterブランチにいる状態なので、developブランチに移動しましょう

git checkout develop

 

・今のbranchの状態を確認する

git branch

以下のような表示になれば、developブランチへの移動成功です!

 master
* develop

 

 

2.作成したローカルブランチをpushする
ローカルのdevelopブランチにいる状態で、リモートにpushします
※originを忘れないように

git push origin develop

 

これでリモートとローカルにmasterブランチとdevelopブランチができました
GitHubのbranchボタンを押して二つのブランチができているか確認しましょう

 

確認ができたら、同じ手順でfeature/【任意のブランチ名】というbranchを作ってみましょう
feature/【任意のブランチ名】が作業ブランチとなるので、branchを作ってpushしたら以下のコマンドで作業ブランチに移動して作業を開始しましょう

git checkout 【作業ブランチ】

※featureブランチは大まかな機能ごとに切ります
例)feature/create-postとかそんな感じです、version numnerをつけたりする方法もあるようですが大規模開発でないならこのように機能の名前などでいいです

 

なぜmasterブランチやdevelopブランチではなく、feature/【任意のブランチ名】で作業するのか、詳しくは別の記事で書きます
Git-flowというイケてるブランチモデル

 

次はfeatureブランチで作業した後の流れについてです
開発作業したものをGitHubにpushする(後日更新)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です